イーストポイントで40歳以上、出会いのパーティー

しばらくブログを書かずにいましたが、何でも少しずつ書いていくことの
大切さを忘れてしまってました。
ひとつのテーマ(たとえばプロ野球とかボクシング、ビジネスなど)に特化
したブログが推奨されるようですが、なかなか今の僕の現状では厳しいので
とにかく毎日書くことを第一にしていきます。

さて、昨日(22日)午後7時よりコーヒー専門店イーストポイントで40歳
から60歳までを対象にした出会いのパーティーに参加してきました。
僕の住んでいる田舎ではパーティーイベントやライブコンサートなどほ
とんどありません。

仕事、介護などで忙しく、なかなか出会うチャンスがない方が多い状
況の中、リラックスした、都会のパーティーとは違ったほのぼのした
会話で時間があっという間に過ぎてしまいました。

伊勢志摩サミット、あおさしょうゆがおいしいこと、飲酒運転で警察に
捕まった時の話など知らなかった話がどんどん飛び出しました。

 

いい人と出会えるか?
40歳以上出会いのパーティー
40歳以上出会いのパーティー
新しいお友達を増やしませんか?

とにかく書いてみる

2008年11月からseesaaブログで書いていたのですが、それを見直してみると10年前の自分が蘇ります。
電話やパソコンを何を使っていたのかや、牛のコマ肉でステーキを作ったり、読もうとしていた本などがわかります。
10年前、持っていた携帯電話ボーダフォンの802Nを、ソフトバンク930SHに変更しました。
2008年11月に見たビデオは、ジャック・ニコルソンの「恋愛小説家」。これは以前彼の「愛と追憶の日々」に感動して借りたのですが、ブログでは期待はずれと書かれてます。

・失敗の本質  野中郁次郎
・ご冗談でしょうファインマンさん  リチャード・p. ファインマン
・タオ自然学  F・カプラ、 吉福 伸逸
・資本主義 対 資本主義   ミッシェル・アルベール
・モーセと一神教   ジークムント・フロイト
・アホは本当に神の望みなのか  村上和雄

を読もうと書かれてます。
実際に読んだのは、「アホは本当に神の望みなのか」だけで、「失敗の本質」は歴史的素養のなかったため途中で挫折したのでした。

牛乳と酢をまぜるとフルーツ牛乳の味がするのかも検証してません。

書いていると自分の頭がいかに混乱しているかがよくわかります。
書き進めれば進むほど、頭がすっきりするのでこれからどんどん書いていきます。
ブログを通して、精神と肉体を調和させ健康にはなりたいです。

http://sutekinasatton.seesaa.net/archives/200811-1.html
(さっとんのブログで自分を見つめよう)

CMSが優れたWordPress

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、サイトを編集したり、構築したりするソフトウェアのことをいいます。
僕は以前seesaaブログを使用しておりましたが、訪問者数がほとんど伸びず原因を模索しておりました。
そんな中、編集やサイト管理が自由にカスタマイズ(ユーザーの好みや使い勝手に合わせて、見た目や機能、構成といった製品の仕様を変更すること。)でき、更新も簡単でSEO対策やロングテールSEOにも有利なWordpressに変更してみました。

Webサイトを構築する時にまず最初にしてほしいのが、KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Paformance Indicator)です。
KGIとは、「重要目標達成指数」、このブログの最終的な目的・目標は何であるかを明確にさせることです。
KPIとは、「重要業績評価指数」、すなわちKGI「重要目標達成指数」を達成させるために行う細かい目標や日々の活動を立てることです。

ホームページを作成するときに使われる「html5&css3」などWeb技術は個人でもわかりやすくなってきてます。
そのweb技術の先には、頭脳と感性が必要なのですが、それを伸ばしていくためにもブログ更新を頻繁にしていく必要があります。

技術の先には頭脳と感性が必要。清原は若い時に教育されてないから考えないし感じない。
人間の最大の悪は鈍感である。
元楽天監督 野村克也

<参照>
・webサイトのつくり方・運営のしかた  酒井和弘 著
・コトバンク
・清原和博のことを予言していた野村克也【愛の説教】youtube

若さの秘密

実年齢より若く見える人と、老けて見える“見た目年齢”を左右する原因は何でしょう。それが「糖化」ではないかとの仮説が浮上しています。
「糖化」とは、糖とタンパク質がくっついて熱が加わることを言います。
小麦粉や砂糖(糖)と卵や牛乳(たんぱく質)を混ぜたパンケーキをフライパンで焼くときつね色になります。
これを体内で考えると、糖質が血中で余り、体内の組織・細胞を作るタンパク質にくっつきます。
それが体内で温められ、糖化(AGE エージーイー 終末糖化産物)を発生させます。すると体内の機能は低下し、しみ・しわ、たるみ、動脈硬化、骨粗鬆症の原因になるそうです。
対策として、食後の血糖値の上昇を緩やかにするために野菜、キノコ、海藻などを積極的に摂取する。
ポリフェノールをたくさん含んだものもよいとのことです。
一例として、ブロッコリーにはスルフォラファン、カモミールティにはカマメロサイドという優れたポリフェノールが含まれているそうです。
普段の食生活がとても大切であることを再認識できました。

参照  日経新聞171021 からだつくり

自分を受け入れる。  

最近、ラジオの“テレフォン人生相談”をyoutubeで聴いていると、相談者のほとんどの方が人間関係とお金で悩んでいます。第三者から見ればなぜこんなに苦しい関係にしがみつくのか理解できない相談が多いです。相談者は袋小路に入り込んで身動きが取れない状態です。

12歳年下の奥さんをもらった相談者が、妊娠中に浮気をしてしまい、給料も少ないため奥さんの実家にお金を借りなければならなくなったことで夫婦関係が冷めてしまったとのことでした。
一回りも上の男性なら頼りがいがあると思ってたのが、逆に甘えてくることで35歳の奥さんの口調がきつくなり毎日が針のむしろ状態との相談でした。
回答者は、弁護士やエッセイスト、作家、大学教授といろいろな方がいますが、僕は大原敬子先生と加藤諦三先生のコンビを好んで聴いてます。
阿児ライブラリで借りた、加藤諦三 著「苦しくても意味のある人生」に、”努力の目的を間違える人(p80)”という小見出しに、努力の方向を間違える人の心理が書かれてました。

不愉快になると、「自分はまだ心理的に成長していない」と嘆く。心理的に成長すれば、人間はもっと楽しく生きれるはずだと思う。そこで「もっと成熟しなければ」と必死になる。彼らはそのような場面でうまく避けるという知恵で対処するのではなく、正面から向かっていきすぎる。なぜそこまで無理をして頑張るのだろうか。まず小さい頃、困った時に助けられていない。つまり愛されていない。愛されてないから満足していない。だから、こうした無駄な努力をするのである。

確かに僕の施設でも、高齢者になっても心理的に成熟されてない方がいらっしゃいます。今までどのように生きてこられたのだろうと不思議に思うこともあります。そのような方に共通項として、こだわりが強かったり、理由もなく怒りを職員にぶつけてきます。そんな人たちに自分を受けれてもらおうとすれば潰れてしまうでしょう。1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた五・一五事件で犬養毅は、「話せばわかる」と青年将校を説得しようとしますが「問答無用」と殺害されてしまいます。しかし、テレフォン人生相談を聴いてると無理な努力をされてる方が多いことに気づかされます。

自分を受け入れる(P90~93)
実際の自分では他人は受け入れてくれないという感じ方を強化してしまった。実はその努力は無理な努力である。実際の自分を無視するということが強迫性の特徴である。今を立ち止まる。それだけでいい。

今を立ち止まるツールとしてブログを活用していこうと思ってます。

NHKのど自慢は大人気!

NHKのど自慢

僕の職場(多床室)では、30人の方をお世話してます。
だいたいどこの施設でも午後4時は水戸黄門、大相撲と相場は決まってますが、入所者の方が最も楽しみにされているのがNHKのど自慢です

「もっとボリューム大きいして」との要望もあり、その時間は笑顔を見ることが多いです。

各地を回って素人が歌を歌い、ゲストの歌手がほめるというワンパターンの番組ですが、民放がそれに似た番組を作れないことでも、そこに見えないノウハウが結集されているのだと思います。

確かに昔、自分の両親も日曜の昼は必ずのど自慢を見て笑ってました。当時僕は若かったので、ほとんど見ることはありませんでした。たまに出演者の方の中にプロレベルの方もいますが、素人の踊りやパフォーマンスを駆使した演出がおもしろいことに気づきました。僕の場合、80、90年代の曲はだいたいわかりますが、2000年以降の曲とタイトルの不一致が顕著です。

最近は、テロップで曲名、歌手名などが表記されるため、非常にありがたいです。民放で素人を使っておもしろかったのは欣ちゃんでしたが、こういう番組はいつまでも続いてほしいものです。

コミュニケーションが大切
これから介護業界も国際化の波が襲います。

かつ勢のオープン2日目に行く!

仕事が終わってから昨日オープンした“かつ勢”でロースカツ丼を注文しました。お客さんの入りはカウンターは二人だけでしたが、テーブルの方はいっぱいでした。
大勢のお客の注文を受けてから揚げるのか、20分ほど待ちました。

すき家やなか卯のように注文してすぐに食べられませんが、さすがあじへいグループ、お客さんのツボを知ってます。

健康に気を配ったキャベツの千切り、3種類の特製ドレッシング、きゅうりなど結構おいしい漬け物が食べ放題、接客態度の良さなどです。

プロ野球解説者の野村克也氏が元巨人の桑田真澄氏と対談した時に、「ツボを知っている人は多いがコツを知っている人は少ない」とピッチングのコツを知っている桑田氏を絶賛してました。
かつ勢の場合、商売のコツも知り抜いているから出店したのでしょう。

また明日はファミリーマートがオープンします。
新聞の広告の100円割引券を有効に使いたいと思います。

このところ僕の住んでいる志摩市は、イオンなどの大型スーパー、魚民、はま寿司、らんぷ、ココス、ローソン、ファミリーマートと本社機能が東京など都会にある会社のフランチャイズが増えてきました。

それの何が問題かと言えば、地元の店で買えばもうけたお金をまた地元に還元して循環することも可能ですが、本社に売上をごっそり持っていかれては地方はどんどん衰退してしまわないのかとの懸念からです。

アマゾンなどがそれに追い打ちをかけて、僕の町でも昔の商店街はほぼ崩壊しています。

ふるさと創生と言えばイベントをしたり、ゆるキャラが思い浮かびますが、本社機能を地方にというのが最も効果的なはずです。
だから本社が三重県にあるかつ勢は少し応援しています。

かつ勢 500円割引券
ご来店感謝券
かつ勢500円OFF

婚約者がいた。

今、html5とcss3の勉強をしていますが、僕が高校を卒業した当時はまだ携帯電話も普及しておらず、ワープロが出始めた頃でした。

職場でタイプを打てるのは、タイ人女性と結婚していた人だけでした。手先を見なくてもタイプライターを打っていくのが手品のようでそれだけで一目置かれてました。

22歳頃にNECの9801がコマーシャルでテレビや雑誌で宣伝されるようになると、時代に遅れてはいけないと何の予備知識なく名古屋駅前の三省堂で「BASIC」の講座を受講しました。
三省堂のレジカウンターの隣に3台置かれており、人間が教えるのではなく「コンピューターが指導するから大丈夫」というキャッチフレーズでした。
真摯にbasicを学びたいというよりは、レジカウンターにおられた古田さんという女性と知り合いになりたいのが95%でした。

いきなり「RUN~」「LET~」など今のようにユーザーインターフェイスが全くなく、英文字だけの世界に3、4回通っても全く頭に入りません。
それでも古田さんに会いたいだけで情熱はそちらにシフトしていきました。

もう後4回で終了してしまうことに危機感を感じた僕は、6回目に勇気を出して食事に誘ってみました。
全くわからない状態の7回目のレッスンの前に店長がいきなり「さっとんさん、事務所に来てくださいますか」と呼ばれました。
「さっとんさんには大変申し上げにくいのですが、実は古田には婚約者がおりましてご交際はできないと本人が申しております」と話されました。
7回目のレッスンが終わった後、逃げるように店を去り、それから三省堂に行くことはなくなりました。

あれから30年以上経った今、おっさんになってからパソコン教室に通っております。

僕が通っているパソコン教室 I love hyper club

行きつけのクラブのママ

生産性をあげたい

生産性の低さをどう解消していくか?
答えは、plan・do・seeにあるのですが、僕の場合はplanに弱点があるなと痛感しております。
今日は今からパソコン教室に行きます。
今webページはHTML5&css3時代と言われて久しいですが、遅ればせながら僕もwebサイト作りについて学んでます。
ありがたいことにパソコンがあれば特別なソフトはいりません。
僕が今読んでいるのが「HTML5&css3レッスンブック エビスコム著」です。
記事や基本的な構成はHTML5で、レイアウトやデザインはcss3に分けることで、複雑なタグがすっきりまとまるのです。
ついさきほど、基本中の基本である“ブロック要素”、“インライン要素”、“セマンティック(意味づけなど)とデザイン”、“article”について調べてました。

“article要素”は、文書内の独立した記事セクションを表す。
独立した記事セクションとは、「ニュースサイト」「ブログにおける記事」「それに付随するコメント」です。
また、ブロック要素もインライン要素も~の中で使用されるなどを押さえてました。
一番の根底に勉強不足があるのですが、本で書いてあるのを応用できません。
気持ちはすっきりしませんが今から行ってきます。

動画を見ててブログを書けなかった。

僕はyoutubeの動画を見るとき、iPhoneの時計の「タイマー」で10分に設定して見過ぎないようにしています。

だいたい風呂から上がって9時前から見ることが多いのですが、一昨日はYouTubeで松居一代さんの激白、昨日はAbemaTVで藤井聡太4段の「歩詰めなし」のルールを読んだ穴熊戦法にずるずるひっぱられブログを書けませんでした。

これからさっとんの裏の顔、本当のヤツの顔をお話しします。

どっちかと言えば仕事をしている時が本当のヤツの顔で、ブログを書いてるさっとんが裏の顔かもしれません?

松居一代さんのYouTubeの発信は本当に衝撃的で、テレビで見るイメージが一新してしまいました。

こんな動画をテレビで何回も流すと結婚を躊躇してしまう人が増えることが懸念されます。(わしか)(^^ゞ

社会的に成功している人でもこれほどまでに怨念に捕らわれてしまうものなのかという驚きと怖さに引きつけられました。

昨晩は9時過ぎにインターネットテレビ局AbemaTVで見ると、藤井聡太4段と中田功7段の中盤あたりでした。

藤井聡太4段は穴熊でしたが、中田功7段の強引な攻めで最初僕は藤井聡太4段が絶対的に不利であると思ってました。

しかし、中田功7段はあと一手というところまで追い込んでいるのですが、持駒が歩や桂、角などで前に進める駒がありません。

それを藤井4段は読み切っていたのでしょう。

解説のプロ棋士が次の一手を予想しますが、藤井聡太4段はプロ棋士たちも思いつかない手をたびたび打ってました。

地上波の将棋中継では時間の制約があるため、すぐに10秒、1、2、3と記録係に急かされて打つというイメージでしたが、AbemaTVでは実際のプロの対局のリアルさを堪能してたら時計は11時を指してました。(>_<)

iPhoneの時計の「タイマー」は何度も延長してましたが、心地よい頭の疲れに熟睡でき、気持ちもリフレッシュできたのでした。