NHKのど自慢は大人気!

NHKのど自慢

僕の職場(多床室)では、30人の方をお世話してます。
だいたいどこの施設でも午後4時は水戸黄門、大相撲と相場は決まってますが、入所者の方が最も楽しみにされているのがNHKのど自慢です

「もっとボリューム大きいして」との要望もあり、その時間は笑顔を見ることが多いです。

各地を回って素人が歌を歌い、ゲストの歌手がほめるというワンパターンの番組ですが、民放がそれに似た番組を作れないことでも、そこに見えないノウハウが結集されているのだと思います。

確かに昔、自分の両親も日曜の昼は必ずのど自慢を見て笑ってました。当時僕は若かったので、ほとんど見ることはありませんでした。たまに出演者の方の中にプロレベルの方もいますが、素人の踊りやパフォーマンスを駆使した演出がおもしろいことに気づきました。僕の場合、80、90年代の曲はだいたいわかりますが、2000年以降の曲とタイトルの不一致が顕著です。

最近は、テロップで曲名、歌手名などが表記されるため、非常にありがたいです。民放で素人を使っておもしろかったのは欣ちゃんでしたが、こういう番組はいつまでも続いてほしいものです。

コミュニケーションが大切
これから介護業界も国際化の波が襲います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です